川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
フリーダイヤル

川越マウスピース矯正歯科センター長のブログ

歯を抜くことでスペースを作る便宜抜歯

矯正治療では川越の歯科医院での治療でもそうですが、歯を並べるためのスペース作りが欠かせないことが多々ありますので、便宜抜歯と呼ばれる処置を要することがあり、患者さんはそれについて不思議に思うこともあるようです。

なぜなら、とくに虫歯にもなっていない健康な歯をあっさり抜いてしまうわけですから、川越の矯正歯科医にその理由を詳しく聞きたがるのも頷けますし、川越の矯正歯科医も患者さんが納得いくまできちんと説明をする義務があるといえます。

ではそもそもなぜ、矯正治療を受けるとなると川越のクリニックでも便宜抜歯が必要となったり、その可能性について事前に患者さんに説明をしなければならないのでしょうか。

歯列矯正は矯正装置によって歯並びや噛み合わせを治す治療です。

川越の矯正歯科でも、こういった解説を受ける事で、抜歯処置にも認識を示してくれる患者さんがあらかたといえます。

そのとき、最もわかりやすい解説としては、なぜ歯並びが悪くなっているかという根本的な訳の紹介です。

1番奥歯が並ぶようにするため歯を歯列矯正で理不尽に並べようとすると、1番奥の第2大臼歯が斜めになってしまう事があります。

川越の矯正歯科でも、この点に関連する質問が患者さんから数多く寄せられる事でしょう。

けれども、その実抜歯をせずに矯正治療をするとやはり治った歯並びが戻ってしまったり、非抜歯矯正をして挫折してしまう事もあるのです。

ですから、何個かの歯を抜いてスペースを完成させるか、顎の骨自体を広げてスペースを仕上げるかして、歯を麗しいに並べる事が可能な依拠を確保するのです。

その結果、歯並びが良くなって、歯が磨きやすくなるので、虫歯や歯周病に必要になる危険性も低下します。

そのとき、よく質問に出てくるのが矯正治療に伴う抜歯についてです。

ただし、よりちっこい顎に理不尽に歯を並べると、普通より後戻りが激しくなるので、抜歯によって適切な顎と歯のバランスが不可欠になります。

歯列矯正や歯の矯正をする事例、抜歯をせずに矯正治療ができないかと悩んでいる方も多々あるのではないでしょうか。

▽歯並びを美しいにするにはスペースが必須

歯並びが悪いのを治すのが歯列矯正ですが、それによりに無傷の歯を抜く訳とは一体如何にいったものなのでしょうか。

出っ歯を治すため出っ歯を治すには前歯を内側に入れる分だけの空きが不可欠になります。

歯列矯正で抜歯が必須な5つの所以1?1.顎と歯のバランスを整えるため歯列矯正は顎が狭く、歯が顎の中に並びきれないと、歯がガタガタになったり、八重歯になったりするために行います。

つまり、歯列全ての事を心積もりた上で、数本の歯を抜歯するという選択をしているのです。

歯列矯正は清純な歯並びにした後、後戻りしないように保定装置(ほていそうち)を利用します。

顎を広げる事によって少々のデコボコであれば歯を美麗に並べる事が可能なからです。

いつもの矯正治療でも後戻りがあるのです。

ですから、川越の矯正歯科でも、歯並びを整えるときには最初に十分なスペースを確保する事になります。

狭苦しい顎に歯を透明感漂うに並べるには歯の数を減らさなくてはいけないため、抜歯が不可欠になります。

歯が顎から飛び出さないようにするため抜歯を避けるために顎を広げるケースがあります。

それ故歯を抜歯し、抜歯した空きを活用して、前歯を内側に入れます。

12歳臼歯1?4.矯正治療後の後戻りを防ぐため歯列矯正で理不尽に歯を並べると悪い歯並びに戻りやすくなります。

川越の矯正歯科にいらっしゃる患者さんも、スペース不足がきっかけで歯列不正を起こしている時がとても多々あるといえます。

突っ込んでは「歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つの事と最先端治療法」をポイントにしてください。

第2大臼歯がまっすぐ並ぶように、他にの歯を歯列矯正で抜歯する不可欠があります。

その時必須になってくるのが抜歯という処置です。

抜歯をする事によって、顎と歯のバランスが整うため美しいに歯が並ぶ事ができます。

▽矯正治療と抜歯処置川越の矯正歯科には、毎年ふんだんにの患者さんが歯列矯正を受けにいらっしゃいます。

けれども、矯正治療に伴う抜歯には、そこそこにびしっとした訳があります。

やはり期間と経費をかけて治した歯並びが戻ってしまうと宝の持ち腐れだですよね。

そんな訳で採り上げるのは、矯正治療ではなぜ抜歯が不可欠になる事があるのかについて、詳細に紹介していきたいと考えます。

ただし、限界を超えて顎を広げると歯が植えられている骨の外に出てしまうために、矯正治療後、歯が揺れてきたり、歯の神経が死んでしまったりします。

加えて、もちろんの事ながら審美性も向上しますので、矯正治療における抜歯というのはかなり意義深いものであるといえます。

この第2大臼歯は歯の中で2番目に大きい歯で、噛み合わせに肝心なのです。

採り上げるのは歯列矯正で抜歯が不可欠な5つの所以と抜歯の時の苦痛や出費についてお伝えします。

それ故、理不尽に顎を広げるのではなく、抜歯をして歯の根が骨の正しい位置に来るように歯を動かす事が必須です。

出っ歯や乱杭歯などは、各々の歯1本だけがきっかけとなって、歯列不正を生んでいるのではないのです。

私達日本人の顎は、そもそも小さい性質にあります。

とどのつまり抜歯というと、虫歯になった歯に適用される心象が強いため、矯正治療で歯を抜くという事に強い抵抗感がある方も滅多にはないのです。

多くの時、一通りの歯がびしっと並ぶだけのスペースが足りていないため、出っ歯などが生じてしまうのです。

どうぞポイントにしてください。


川越マウスピース矯正歯科センター
■住所
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR・東武東上線 川越駅 徒歩1分
■まつむら歯科クリニック(川越マウスピース矯正歯科センター)診療科目
一般歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング
■フリーダイヤル 0120-648889
■医院代表電話  049-244-0252
■診療日時
平日9:00~13:00 15:00~19:00
土日9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日9:00~13:00
休診日:年中無休(但し、正月のみ除く)

川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック
http://www.matsumurashika.com/

川越インプラントセンター
http://www.kawagoe-implant.com/
ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越矯正歯科情報サイト | 川越のまつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る