川越で矯正 治療をするなら最新CTを備えた川越マウスピース矯正歯科センターにお任せください。小児矯正と成人矯正の違いのご案内。治療費、料金等ご相談受付中。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
フリーダイヤル

川越マウスピース矯正歯科センター長のブログ

小児矯正と成人矯正の違い

川越の矯正歯科で受けることのできる成人矯正とは、文字通り大人になってから受ける歯列矯正であり、小児の頃に受ける小児矯正とは色々な点で異なりますので、事前に川越の矯正歯科医に詳細を聞いておく必要があります。

具体的には、小児矯正と比べて成人矯正の方が不利な点がいくつかあるため、川越の矯正歯科でもインフォームドコンセントの観点から、治療を開始する前にそういった注意点を丁寧に説明していることでしょう。

もちろん、そうした成人矯正における注意点を患者さんに懇切丁寧に伝えて、治療に対する同意を得ることができれば、その後の治療はスムーズに進み、川越の矯正歯科で数年に及ぶ矯正治療を終えた後でも、治療結果に満足する患者さんが大多数となっています。

突き詰めては「ロキソニンやロキソニンSで歯痛を成果的に止める手段と用心すべき副作用」をポイントにしてください。

ですから、川越の矯正歯科では、治療期間中にデンタルフロスや歯冠ブラシなどを駆使して、いつも以上に念入りに歯磨きをする事をイチ押ししている事でしょう。

その一方で自然の動きで少々戻る事もありますので、引っかかる方は半永久的に装置を付けておく不可欠があります。

とはいっても、のみすぎると苦痛止めの中に歯の動きを悪くする成分が内蔵されていますので、不可欠な時にのむようにしてください。

ですので、成人矯正も小児矯正も成果が変わらないわけではないのです。

他に、矯正治療中は虫歯や歯周病に罹りやすい様子となっています。

そうなると、歯列矯正は我が子の頃に理不尽して受けずとも、アダルトになってからでも遅くはないのかと思われる事でしょう。

突き詰めては「歯医者は必ずやっている!デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ技術」をポイントにしてください。

これは矯正装置によって、歯磨きがしにくくなるためです。

我慢できないほどのものであれば、かかりつけ医に診てもらいましょう。

矯正装置が入っていると汚れが付きやすくなりますが、念入りに磨いてプラークが歯の周囲に残らないようにする不可欠があります。

おっしゃる通り、歯列矯正を受けるのは、アダルトになってからでも遅くはないのです。

苦しみが強ければ苦しみ止めをのんでください。

川越の矯正歯科でも、そのように解説しているクリニックが多々ある事でしょう。

▽歯周病阻止のため3ヶ月に1度はクリーニングをする

矯正治療中は歯に揺さぶりをかけながら動かしていきます。

成人矯正を吟味されている方は、その点について知っておきましょう。

それ故後戻りを防ぐための保定装置(ほていそうち)を長め、支障がなければ3年から5年程度はつけておく必須があります。

では、成人矯正を受ける上で、用心すべき事とは如何にいった事なのでしょうか。

▽後戻りしやすいので保定装置は長めに使用する

アダルトの歯列矯正は治療の後、戻ろうとする力が永らく残ります。

▽痛さが強い時は苦痛止めをのむ

アダルトの歯列矯正は歯茎や骨が、一度固まった状況から歯を動かす必須があります。

ただ、厳密にいえば、結局娘のころに歯列矯正を受けた方が、その影響は大きいといえます。

▽動かない歯を理不尽に動かすと歯や歯茎にダメージが大きくなる

アダルトの歯列矯正では動かない歯が出てくる事があります。

歯周ポケットがある方はそこから歯茎が腫れたり、膿が出たりする事もあります。

ですので、川越の矯正歯科でも、苦痛が生じたケースに準備て、苦痛止めを出してくれる事もあります。

おそらく、川越の矯正歯科でも、成人矯正が小児矯正よりも歯を動かしにくいという点に関して、キッチリと解説がある事でしょう。

理不尽に動かそうとすると周囲の歯が動いてしまったり、歯の周囲の骨が溶けたり、根が短くなる事もあります。

理不尽に動かさず、被せ物で応対する事も不可欠です。

顎の骨に埋まっている歯を無理矢理動かそうとする治療なので、苦しみが生じてもおかしくはないのです。

▽矯正治療中の注意すべきポイントについて

これからは、成人矯正に限った事ではないのですが、何個か治療中の留意点について挙げていきます。

治療の結果、歯列不正がどの程度まで改善されるかも、心理コンサルティングの段階で提示してくれるものと思われます。

川越の矯正歯科でも、成人矯正を受けている患者さんが数多くいらっしゃいます。

矯正装置に異常が生じている確率も否定できません。

歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシなどで細心の注意をもって

歯を磨くアダルトの矯正治療中にプラークが付いていると、歯周病の進行が早くなります。

普段暮らしに支障をきたすような苦痛が生じた事例は、もうに苦痛止めを服用しましょう。

一方、アダルトになると歯や顎は発育が完了していしまっているため、矯正治療を施しても、その成果が水準を満たすまで限定される事となります。

近頃では、アダルトになってから歯列矯正を受ける人が増大してきました。

真っ先に、矯正治療では苦しみを伴う事があります。

▽治療成果について

最初に第一に、先ほども述べたような治療影響については汲み取るしておきましょう。

骨が固くなっているため歯の動きスタート出来に強く痛さが出る事があります。

理由を言えば、お子様の歯や顎は発育途中にあるため、矯正装置などを用いる事で、その形を大きく変える事が可能なからです。

最低でも3ヶ月に1度は歯周ポケット内をクリーニングしてください。


川越マウスピース矯正歯科センター
■住所
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR・東武東上線 川越駅 徒歩1分
■まつむら歯科クリニック(川越マウスピース矯正歯科センター)診療科目
一般歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング
■フリーダイヤル 0120-648889
■医院代表電話  049-244-0252
■診療日時
平日9:00~13:00 15:00~19:00
土日9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日9:00~13:00
休診日:年中無休(但し、正月のみ除く)

川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック
http://www.matsumurashika.com/

川越インプラントセンター
http://www.kawagoe-implant.com/
ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越マウスピース矯正歯科センター外観

TOPへ戻る