川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
フリーダイヤル

川越マウスピース矯正歯科センター長のブログ

マルチブラケット装置の素材について

皆さんは矯正治療と聞くとまずどんな治療法を思い浮かべて、どのような矯正装置を使用するとイメージしますか?

おそらく多くの人は、マルチブラケットを装置を頭なの中に思い浮かべることかと思いますし、実際、川越の矯正歯科での矯正治療では、その多くでマルチブラケットによる歯列矯正が行われていることでしょう。

ここではそんなマルチブラケット装置および治療について、川越の矯正歯科の例を挙げながら詳しく解説していきたいと思います。

そこでまず、川越の矯正歯科でも使われているマルチブラケット装置の素材についてですが、いろいろなものが臨床の現場では使用されており、中にはセラミック製のものあります。

その名称もセラミックブラケットと呼ばれています。

けれども本当は、ブラケットには2つの種類が影響しているのです。

▽ブラケット装置は大きく2つに分ける事が可能な!もしかしてブラケット装置というのは、金属製のものという心象が固定化されているかもしれませんね。

実のところに、メタルブラケットで歯列矯正を行っている患者さんも数多にいらっしゃいます。

▽各々の良いところ・短所についてメタルブラケットに関しては、最初に出費が安価に済むという良いところがあります。

1つは、先ほど述べたような金属製のブラケットですね。

それ以外、金属と比較してセラミックの方が歯を動かしにくいという悪いところも影響しています。

その分、出費はちょっと高くなってしまいます。

これを専門的にはメタルブラケットと呼びます。

矯正装置というと、結局ブラケット装置が真っ先に頭に浮かぶかと考えます。

ただ、メタルブラケットは金属で出来ていますので、スタイルが悪いという短所があります。

そういう良い面があるため、川越の矯正歯科でも、メタルブラケットが多数派となっていると言えます。

川越の矯正歯科では、この双方の治療法を行っているクリニックがふんだんにありますし、患者さんのお口のステータスによって、もしくは患者さん自分のお願いによって、どっちかを選択する事になります。

川越の矯正歯科に来院される方も、スタート出来から金属製のブラケットを装着する事を前提で、矯正治療を受けに来る場合も滅多にはないのです。

メタルブラケットは、川越の矯正歯科の多くで採用されている矯正装置です。

では、各々のブラケットには、如何にいった良いところと短所があるのでしょうか。

川越の矯正歯科でも、このブラケット装置を用いた治療を受けている患者さんが数多くいらっしゃいます。

一方、セラミックブラケットは目立ちにくいため、審美性は高いです。

川越の矯正歯科では、こうした各々の長所と悪い面を勘案して、治療方針を立てるようにしています。

続いて、もう1つのブラケットについてですが、こちらは金属ではなくセラミックで出来ています。

加えて、歯に留めさせるのも容易ですし、強い力で歯を動かす事ができるです。

金属製のワイヤーとブラケットと呼ばれる装置を用いて歯列矯正を行うものです。

そんな訳で採り上げるのは、ブラケット装置の種類について、わずか詳細にご解説したいと考えます。


川越マウスピース矯正歯科センター
■住所
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR・東武東上線 川越駅 徒歩1分
■まつむら歯科クリニック(川越マウスピース矯正歯科センター)診療科目
一般歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング
■フリーダイヤル 0120-648889
■医院代表電話  049-244-0252
■診療日時
平日9:00~13:00 15:00~19:00
土日9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日9:00~13:00
休診日:年中無休(但し、正月のみ除く)

川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック
http://www.matsumurashika.com/

川越インプラントセンター
http://www.kawagoe-implant.com/
ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越矯正歯科情報サイト | 川越のまつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る