川越で矯正 治療をするなら最新CTを備えた川越マウスピース矯正歯科センターにお任せください。歯の後戻りを防止するためのリテーナーとはのご案内。治療費、料金等ご相談受付中。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
フリーダイヤル

川越マウスピース矯正歯科センター長のブログ

歯の後戻りを防止するためのリテーナーとは

これまで川越の矯正歯科で歯列矯正などを受けたことがある人ならわかるかもしれませんが、矯正治療というのは歯を動かした後に保定期間というものが設けられています。

この保定期間では、リテーナーと呼ばれる特殊な装置を装着しなければならないのですが、ここでは川越の矯正歯科でも日常的に取扱っているリテーナーについて詳しく解説したいと思います。

矯正装置を何年も装着してきて、ついに取り外す事ができたのに、引き続きリテーナーをつけなければならないのは、辛い所ですよね。

もしも保定装置であるリテーナーを装着しなければ、やはり時をかけて動かした歯が元の位置に戻ってしまうのです。

他にも、保定処置に関しても、長い事例で2年以上必要になる事もあります。

これは各々の患者さんのお口のステータスに組み合わせて活用られるものだとご汲み取るください。

そうすれば、素敵な歯列を一生維持する事も無理ではないのです。

▽保定期間はどれほど?

川越の矯正歯科で普通の矯正治療を受けると、概ね2年程度の治療期間を要する事が多々あるです。

川越の矯正歯科でも、この点について残念を持つ患者さんが少なくはないようです。

けれども、リテーナーを使用した保決まった間というのは、歯列矯正にとって欠かす事のできない治療過程です。

ですので、川越の矯正歯科で保定処置を受けるときにも、人各々リテーナーの形態が異なってくる事でしょう。

ですから、現在まで装着していた矯正装置とは全く別物であると腹積もりましょう。

では、そもそも保定装置であるリテーナーというのは、如何にいったものなのでしょうか。

ただ、リテーナーも矯正装置のように金属で出来ているものもあります。

▽矯正装置との相違について

リテーナーは、歯列を固定するための装置です。

川越の矯正歯科でもそうですが、歯列矯正の治療を終えた後は、保決まった間へと入っていきます。

あるいは、プラスチック製のリテーナーが用いられる事もあります。

理由を言えば、矯正装置というのは、歯を動かすためのものだからです。

ともあれ、保定期間まで終えてやっとこさ矯正治療が完了しますので、リテーナーに関しても歯科医者の指示通りに装着していきましょう。

ですから、川越の矯正歯科に限定しず、矯正治療を施しているクリニックでは、この保定処置を省いてしまうような所はないと言えるでしょう。

さらに、必須であれば自ら本人で取り外す事もできるな保定装置もあります。

そうなると、矯正治療にかかった時と同じくらい、保定装置をつける事になりますが、矯正装置ほど不快なものではないので、そこはご心配無用ください。


川越マウスピース矯正歯科センター
■住所
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR・東武東上線 川越駅 徒歩1分
■まつむら歯科クリニック(川越マウスピース矯正歯科センター)診療科目
一般歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング
■フリーダイヤル 0120-648889
■医院代表電話  049-244-0252
■診療日時
平日9:00~13:00 15:00~19:00
土日9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日9:00~13:00
休診日:年中無休(但し、正月のみ除く)

川越の歯科(歯医者)まつむら歯科クリニック
http://www.matsumurashika.com/

川越インプラントセンター
http://www.kawagoe-implant.com/
ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
診療時間
川越マウスピース矯正歯科センター外観

TOPへ戻る